June 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

『ガールズFebri』に寄稿しました

2016年5月20日発売の『ガールズFebri』(http://amzn.to/2aVNstb)に寄稿しました。

 

『山と食欲と私』コミックレビュー

種村有菜先生の特集にて、
『紳士同盟†』
『31☆アイドリーム』
上記2作品のロングレビューを執筆しています。

 

キラキラの表紙がたまりませんね……!!!!


機動戦士ガンダム サンダーボルト

機動戦士ガンダム サンダーボルト特集 インタビューの構成を担当しています。聞き手はアニメ!アニメ!の数土編集長です。
太田垣先生の作業環境をチラッと見ることができたのが幸せ!
http://www.jp.playstation.com/psn/store/videostore/gundam-tb/index.html?tkgpscom=jVD_external_20151211_02

コミスン「ジャケ萌え!」第5弾

コミスンで連載中の「ジャケ萌え!」第5弾、現在公開中です!
http://comic-soon.shogakukan.co.jp/bl…/plane/jacket-moet-5A/

今回は、ヒバナにて連載中の『しまなみ誰そ彼』。装丁を担当したのはナルティスさんです。
ヒバナ→http://hi-bana.com/

■■■■■
カラー絵が美しい鎌谷悠希先生。『少年ノート』『ぶっしのぶっしん』も、その魅力が際立つものでした。
一方でこの装丁はブルーのみの印象的な仕上がり。なぜこのジャケットになったのか? を取り上げています。

ナルティスについてはマネージャーの上野さんが更新しているブログをチェックしてください!→http://nartis.exblog.jp/

「ジャケ萌え!」のことについても、ブログで取り上げてくださいました→→http://nartis.exblog.jp/25339735/

ブログをチェックすれば、普段あまりマンガを読まない人でも「これ、読んだことある」と思う作品が絶対にあるはず。そのくらい色々な作品でデザインを担当しています。

■■■■■
この連載では「他の媒体で取り上げないことをやろう」とゆるっとやっています。
……というわけで、最後の回はナルティスさんといえばあのお話、です。
普段のお仕事に真摯に取り組んでいるからこそ、リフレッシュする時はフレッシュしまくっている!フレッシュフレッシュ!

■■■■■
書店に当たり前のように並んでいるマンガですが、デザイナーをはじめとした色々な人に支えられていることが伝わると嬉しいです。
いつか営業、流通、製本とか紙の人とかインクの人とか色々な人にも出てもらいたいです〜

連載「ジャケ萌え!」 5冊目『しまなみ誰そ彼』 
【その1】http://comic-soon.shogakukan.co.jp/bl…/plane/jacket-moet-5A/ 
【その2】http://comic-soon.shogakukan.co.jp/bl…/plane/jacket-moet-5B/
【その3】http://comic-soon.shogakukan.co.jp/bl…/plane/jacket-moet-5C/

お仕事情報 2015/06/19 その4

4月に後編が劇場公開されてからだいぶ経ってしまいました……

「翠星のガルガンティア」OVA 前編・後編のパンフレットを
構成・執筆/藤津亮太さん、執筆/川俣綾加、で担当しています。

前編→キャラクター紹介、水瀬いのりさんのインタビューまとめ(聞き手は藤津さん)
後編→キャラクター紹介、美術のととにゃんさん、キャラクター原案の鳴子ハナハルさんインタビューを執筆しました。
 

お仕事情報 2016/06/19 その3

月刊MdN 2015年6月号
特集「漫画/アニメ/イラスト/アート少女の表現史」にて、江口寿史先生の『ストップ!! ひばりくん』をテーマに寄稿しました。

タイトルは「大空ひばり[ストップ!! ひばりくん!]/ギャグ漫画発の革命的造形」です。

『POPの見本帳』またしても増刷!

4月1日に著書『POPの見本帳』4刷となりました。
みなさまありがとうございます!

4月1日だったので思わず編集さんに「エイプリルフールですか?」と聞いてしまいましたが、噓じゃなかった! よかった!
これからも我が子をよろしくお願いします。
 

お仕事情報 2015/06/19 その2

『手帳で楽しむスケッチイラスト』、クリエイターインタビュー16名全員を担当しました。

この16名はほぼ日手帳、モレスキンをはじめとした手帳・ノートづかいの達人たち。取材を通して印象に残っているのは「自分の人生は誰も記録してくれない」「あっという間に日々を忘れていく」という言葉を、ほぼ全員が口にしていたことです。
情報量の多い昨今、日々頭から抜け出ているものが多くて、それらを自分の手で書き留めておくことで変わるものがあるなと感じます。
でも毎日コツコツ書くのはめんどくさいし向いてない…という人にぴったりの本です!
文具好き、ノート好き、デコ好きはぜひ読んでみてください!!


……そしてなんと、先日重版が決定しました。
みなさまの文具愛を感じます! 嬉しい〜。

自分のぴったりの文具がまだ見つかっていない方も、ぜひこの本で探してみてくださいね。

お仕事情報 2015/06/19 その1

郵便局アルバイトの話の更新をすっかり忘れていました。またいつか書きます。

お仕事情報のほうを更新したいと思います。
長いですが一気にいきます、マメに更新しろ自分……

[アニメ!アニメ!]
引き続き、
レポートやインタビューを書きました。

また、レビューも書かせていただきました。
■レビュー
杏が演じ、原 恵一が監督した「百日紅」とは? 原作者・杉浦日向子の作品の魅力
http://animeanime.jp/article/2015/05/04/23116.html

オシャレな雰囲気、まるで映画のよう マンガ家・オノ・ナツメが伝える「無言のページ」
http://animeanime.jp/article/2015/06/11/23637.html

どちらも本当に好きな作家さんです。漫画として読んでも映像で楽しんでも素晴らしい!


■レポート
日本初公開から30周年「ターミネーターの日」認定 巨大ターミネーターを新宿で展示
http://animeanime.jp/article/2015/05/26/23415.html

映画「トゥモローランド」ジャパンプレミア ジョージ・クルーニーは8年ぶりの来日
http://animeanime.jp/article/2015/05/27/23430.html
↑監督がこちらを指差してる写真、かなり頑張って呼びかけたらビシーッとこちらに振ってくれました。やった!!

「這いよれ! ニャル子さんF」劇場公開記念披露宴「ドリームニャルディング」(仮)新作OVAの魅力は“ギリギリ”にあり!?
http://animeanime.jp/article/2015/05/21/23356.html
↑「同じ会場にはいる」という。


■インタビュー
なぜロトスコープでアニメを制作したのか?「花とアリス殺人事件」岩井俊二監督インタビュー
http://animeanime.jp/article/2015/02/19/22040.html
↑岩井俊二監督は高校生の頃から好きだったので、インタビュー前は内心すごく緊張していました。……が、技術面のお話もとてもわかりやすくお話いただき、その情熱もひしひしと伝わってきて。改めて監督のことも、監督も好きだなと感じました。

『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』キャラクターデザイン今石洋之インタビュー
前編
http://animeanime.jp/article/2015/04/16/22893.html

後編
http://animeanime.jp/article/2015/04/16/22893.html
↑TRIGGERの今石洋之さんにインタビューしました。
インタビューが掲載された後にアニメを見ることができましたが、
「あの時の今石さんの言葉は、そういうことか……」と
ニヤリとすることも多かったです。

「名探偵コナン 業火の向日葵」静野孔文監督、高山みなみ、山口勝平インタビュー“名画を巡るコナンVSキッド”
http://animeanime.jp/article/2015/04/25/23005.html
↑昨年、劇場版コナンの取材で一緒になったライターさんと再び一緒に。ぜひまた次回も……!(笑)



 

ジャケ萌え! 2冊目『わたしの宇宙』

小学館の「コミスン」にて、連載「ジャケ萌え!」2回目が更新されています。

1冊目の『SEIKI -土田世紀 43年、18,000枚の生涯-』(記事はこちら→ http://comic-soon.shogakukan.co.jp/blog/plane/jacket-moet-1A/)
に引き続き、2冊目は『わたしの宇宙』。

ジャケ萌え! 2冊目『わたしの宇宙』前編

ジャケ萌え! 2冊目『わたしの宇宙』後編



デザイナーchutteさんへのインタビュー、そして制作過程をじっくりじっくりとご紹介しています。chutteさんの職人魂、炸裂する愛……が見どころ。

「マンガ」は物語と絵から成っていますが、それ以外にも色々な要素から成り立っていると思います。装丁、デザインというのはその一つで、パーツを拡大してみることでまた違った面白さを見つけられるはずです。2冊目の『わたしの宇宙』ではデザインを通して「メタ」をどう見るかという点にもぜひ注目してください。

お仕事情報(2014年まとめて更新)その03

アニメディア 7、8、9月号にて「キャプテン・アース」のモコ役・坂本真綾さん×アマラ役・鈴村健一さんインタビュー、大薮プロデューサーインタビューなどの記事をまとめました。

 
<<back|<1234>|next>>
pagetop