July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

『POPの見本帳』3刷!

本日、3刷目が決定しました! 


『ビジュアルとキャッチで魅せる POPの見本帳』

お手に取ってくださった方、ありがとうございます。
ちょうど1年前の6月、7月あたりが一番修羅場だったな……
と思い出していた頃に、とても嬉しいお知らせでした。
もっとたくさんの方に読んでいただけるよう頑張ります!

また、2014年8月5(火)、6日(水) に開催される
「MORISAWA POD FAIR 2014 Summer」において、
「個性を発揮!魅せるPOPを語ります」と題してセミナーを行います。
人生初講師。今から大変ドキドキしております。
そしてまだ資料作成中……(涙

ご来場、お待ちしております!
詳細はこちらから→http://www.morisawa.co.jp/biz/news/20140722_01_b.html

お仕事情報(2014/06/18)

「アニメ!アニメ!」でインタビューを担当しました。

悠木碧さんインタビュー「ブレイドアンドソウル」ジン・ヴァレル役 “外殻は論理で、感情は感覚で”
http://animeanime.jp/article/2014/06/14/19091.html

最終回を迎えるということで、冷徹で無表情なジン・ヴァレルからみた「ブレイドアンドソウル」、役づくり、オンラインゲームについて伺っています。

お仕事情報(2014/06/15)


『キルラキル公式ガイドブック 神衣万象』
キャラクター紹介ページの縫、羅暁、美木杉、黄長瀬のほか起こしをお手伝いしました。
この厚みといったら……!(紙質からか軽いのがすごくイイ!)



『スペース☆ダンディ オフィシャルファンブック』
キャラクター紹介ページ、キャラデザ伊藤さんのインタビューを担当しました。
QTが!かわいいんです!実物大掃除機求む!!!!


ご当地犬が活躍する「47都道府犬R」 西川和宏監督、小倉唯さん、西明日香さんインタビュー 前編
http://animeanime.jp/article/2014/05/20/18744.html

“方言だからこそオチになる”「47都道府犬R」 西川和宏監督、小倉唯さん、西明日香さんインタビュー 後編
http://animeanime.jp/article/2014/05/21/18756.html

「47都道府犬R」の、犬たちのふにゃふにゃとした質感がキュートです。深夜放送なのですが、夜中に安心して、肩の力を抜いて見れるいいアニメ。未見の方はぜひともDVD/Blu-rayをまったり見てみてください〜
 

小雪あれこれ(2014/04/11)

【いぬのきもちねこのきもちweb】
愛猫に3つ編みのヅラ!!
日本と世界を旅した「3つ編みプロジェクト」を終えて
http://pet.benesse.ne.jp/inunekonokoto/mitsuami_vol1.html

 飾ってよし、抱っこもよし まるで本物みたいなアトリエkijiの動物クッション
http://pet.benesse.ne.jp/inumon_nekomon/kiji_vol1.html?p=2

連載「小雪の怒ってなどいない!!」で漫画家の鴨居まさねさん&マルティくんを取材させて頂きました。
http://pet.benesse.ne.jp/koyuki/koyuki-maru_vol2.html

また、その取材の様子を鴨居まさねさんがマンガにしてくれました。
ぷら@ほ〜む 鴨居家のマルちんは猫です
第10話「マルちんも怒ってなどいない!?」
http://puratto.homesha.jp/e/p.php?tag=dt&wx=002

【小雪の取材記事を掲載していただきました】
猫ぐらし 3月号(2014年2月12日売)
「我輩は濃い猫である」特集+小雪ポストカード
http://news.mynavi.jp/news/2014/02/24/284/

猫びより3月号
「話題の猫」特集
https://www.facebook.com/nekobiyori.jp

神奈川新聞 2014年3月22日朝刊 掲載
http://www.kanaloco.jp/

Pixivにて小雪イラストコンテストを開催しました
たくさんのご応募ありがとうございました!
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=40075773

お仕事情報(2014/04/11)

久々にお仕事について更新です。

2月に著書『POPの見本帳』の重版が決まりました。
店舗スタッフの方にも、デザインを勉強されている方にも、宣伝・広報を担当している方にも、オールジャンルの方に楽しんでいただける本です。是非ご覧ください!

【弱虫ペダル】
『弱虫ペダル』OP&EDテーマに込めた想いとは?
DIRTY OLD MENの高津戸信幸、AUTRIBEのGO & SHINJI インタビュー
http://yowapeda.com/news.html#page7

【まんがStyle】
マンガな人たち Vol.2 マンガと装丁のブログ「良いコミック」KT.さん
その魅力に気づいたら、もっとマンガが楽しくなる
http://manga-style.jp/press/?p=7764

「日本オタク大賞2013」、大賞に輝いたのは映画『パシフィック・リム』
http://manga-style.jp/press/?p=7965

ついに明日から上演! 舞台「サイコメトラーEIJI 〜時計仕掛けのリンゴ」を見逃すな!
舞台「サイコメトラーEIJI 〜時計仕掛けのリンゴ」キャストインタビュー
http://manga-style.jp/press/?p=8363

いよいよスタート!舞台「サイコメトラーEIJI 〜時計仕掛けのリンゴ」
http://manga-style.jp/press/?p=8434

【iT'S COM】
イッツコムマガジン3月号 音楽ページ
『魔法科高校の劣等生』主題歌担当 LiSAさんインタビュー
http://www.itscom.net/

【アニメ!アニメ!】
[メディア芸術祭]
メディア芸術祭アニメーション部門大賞 「はちみつ色のユン」のユン監督 「自分を再生することができた」
http://animeanime.jp/article/2014/02/05/17349.html

荒木飛呂彦氏「日本という国の役に立てたら嬉しい」 メディア芸術祭マンガ部門大賞『ジョジョリオン』
http://animeanime.jp/article/2014/02/05/17353.html

[AnimeJapan 2014]
「彼女がフラグをおられたら」ステージ 逢坂良太、木戸衣吹、茅野愛衣がフラグを持参
http://animeanime.jp/article/2014/03/23/17992.html

「凪のあすからじお」AJスペシャル版公開収録で逢坂良太と石川界人がトーク
http://animeanime.jp/article/2014/03/23/17984.html

「selector infected WIXOSS」ステージに加隈亜衣、佐倉綾音、久野美咲登壇!ワーナー新作アニメも発表
http://animeanime.jp/article/2014/03/22/17964.html

AnimeJapan 2014 「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」は小野大輔ら主要キャストがトーク
http://animeanime.jp/article/2014/03/22/17960.html

[ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ]
マーベル、ディズニー、東映、バンダイが見せる”本気” 「ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ」製作発表会見 T.M.Revolutionも登壇
http://animeanime.jp/article/2014/03/26/18044.html

OP&EDを熱唱! T.M.Revolutionに訊く 4月放送開始「ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ」
http://animeanime.jp/article/2014/03/19/17904.html

書籍『小雪の怒ってなどいない!!』

猫の小雪の写真集『小雪の怒ってなどいない!!』を
ベネッセコーポレーションより2013年12月6日に出しました。
我が家の猫ということで撮影は私がしています。
予約の段階で重版が決まったりと、大変嬉しい反響があり
どうもありがとうございます。

また、岡田モフリシャスはTwitterでも小雪の日常をつぶやいています。
アカウントは @moflicious です。

小雪の写真はInstagramにもアップしています。
アカウントは @marugaodesuyo です。
Instagram

猫好きの方はどうぞご覧いただけると嬉しいです。
ちょっとSNSがバラバラしていますが、
自分がメインでやってるSNSベースでどうぞー。
 

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします。




 

お仕事情報(2013/12/31)

2013年最後のお仕事情報更新。かけこみなので取りこぼしがあるかもしれませんが、取り急ぎ。

「+DESIGNING Vol.35」
連載も10回目を迎えました。座談会「BAR WHITE」でゲストにコピーライターの林裕さん、マーケティング・ディレクターの柴田要さんを迎え、マスタ―の後さん(WHITE DESIGN アートディレクター)、+DESIGNING編集長・小林さん、そして私・川俣とゆるっと喋っております。
http://www.plus-designing.jp/

---------
アニメ!アニメ!
第2回海外マンガフェスタ 世界から集結、BD巨匠と日本のマンガ家によるトークライブも
http://animeanime.jp/article/2013/09/25/15683.html

ニコラ・ド・クレシー×松本大洋トークライブ、長年のファン同士が初対面 第2回海外マンガフェスタ
http://animeanime.jp/article/2013/10/23/16031.html

第2回海外マンガフェスタ 11カ国42名の作家が集結、見どころ満載のアーティスト・アレイ
http://animeanime.jp/article/2013/10/24/16044.html

たった6畳で100インチの迫力の画面を楽しめる! 世界初HD超短焦点プロジェクターBenQ「W1080ST」
http://animeanime.jp/article/2013/12/10/16648.html

山寺宏一インタビュー:やっぱりゾロリは裏切らない! 「映画かいけつゾロリ まもるぜ!きょうりゅうのたまご」
http://animeanime.jp/article/2013/12/12/16674.html

毛利蘭役 山崎和佳奈インタビュー 冬休みは、キッズステーションで毎日コナンに会おう!
http://animeanime.jp/article/2013/12/21/16783.html

---------
PingMag
それは漫画家の新機軸となりえるか? ケン・ニイムラの過去と現在
http://pingmag.jp/jp/2013/12/23/ken-niimura/

---------
まんがStyle
第17回文化庁メディア芸術祭 海外からの応募が初めて国内を上回る
http://manga-style.jp/press/?paged=2

マンガな人たち Vol.1 天津・向さん
オチが無くても波瀾万丈じゃなくても続いてく。4コマって、まるで人生みたい
http://manga-style.jp/press/?p=6537#more-6537

---------
MdN Design Interactive
「怒ってなどいない!! 」怒り顔の猫・小雪のフォトコラム
http://www.mdn.co.jp/di/articles/3159/

---------
このほか、岡モフ活動がさかんな1年でした。

小雪は我が家の猫なんですがまさかこんな風になるとは……
みなさんに楽しんでもらえてとても嬉しいです!

小雪情報局(ベネッセ)
http://pet.benesse.ne.jp/koyuki_info.html

小雪の写真集を出しました。
小雪の怒ってなどいない! !

2012年の5月にフリーになってから激動すぎて、もう4年くらいたった気が。2014年も、お仕事がんばります。

俺マン2013

俺マン2013について、ツイートしました。

俺マンについてはこちら。
http://nelja.jp/oreman2013

丸山薫『事件記者トトコ! 』 津田雅美『ヒノコ』 古海鐘一『バベルハイムの商人』 吉富昭仁『スクール人魚』 すえのぶけいこ『HOPE』 桜井画門『亜人』 天乃タカ『のちのちのシトロン』 ツナミノユウ『彗星継父プロキオン』 嵐田佐和子『鋼鉄奇士シュヴァリオン』 #俺マン2013

今年は「ヒーローになりたいけれど、なれない者」「ヒーローとしての役目が終わった後」「ヒーローだと思っていたけれど」など、アフター・ヒーローもの(この言い方が正しいのかわからないけれどとりあえず)が多くて、そして私もそれを面白いと思った年でした。

『ビジュアルとキャッチで魅せる POPの見本帳』

2013年9月25日(水)に拙著『ビジュアルとキャッチで魅せる POPの見本帳』(エムディエヌコーポレーション)が発売となります!


POPを作る時、
「何を書いてどう作ればいいのかわからない!」と頭を抱えたりしませんでしたか?
「他のお店ではどんなPOPにしてるんだろう……」と気になったり。
とにもかくも疑問だらけの方も、多いと思います。


本書では、実際に使用されている(ていた)POPを集めてその特徴ごとにジャンル分け。「笑えるキャッチコピーをつけたい」「クールなイメージにしたい」など、参考にしたいPOPをすぐに探せる仕様になっています。


スタッフの方が作ったPOPなので「忙しくてもすぐに作れる、しかも見た目もいい!」といった、現場に沿ったPOPを参考にできるのが魅力。


また、LUSH、ヴィレッジヴァンガード、あゆみBOOKS、TOWER RECORDSへのインタビューページにも注目!


LUSHはあの独自の書き文字について、あゆみBOOKSにはコミック担当の書店員さんに効果的なPOP掲示の極意を、ヴィレッジヴァンガードのおもしろキャッチコピーの裏側、TOWER RECORDSにはPOPの歴史についてお話いただきました。



この本は単純にPOPを作るというお話ではなく、お客様に楽しんでもらうにはどうすればいいか、オンラインでモノが買える時代にリアル店舗に足を運ぶ意味とは――そういうことも解き明かすことができた本だと思います。


是非、お手にとってご覧ください!



『ビジュアルとキャッチで魅せる POPの見本帳』
<<back|<12345678>|next>>
pagetop