July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

マンガナイトに

もう一ヶ月以上前となってしまいましたが、「2012マンガリーディングナイト&新年会」にいってきました。


「泣いた」「笑った」「グッときた」などいくつかのテーマに沿って、グループごとに持参したマンガをまわし読み。
会場全員が黙々とまわし読みする姿がなんだか面白い。

読み終わったらグループごとに特段良かったマンガを発表。
会場のCafe ASANにはでっかい黒板がある!

短い時間でのまわし読みだったので、それぞれの作品がきちんと味わえず、ちょっとだけ惜しかった!
ですがそこで気になったら、それこそ書店で是非ゲットせねばですね。




» read more

シンガポール最大の書店、紀伊国屋。そのコミック棚。

 今月の頭にシンガポールへいってきました。

シンガポール最大の書店は、Orchard(オーチャード)という場所にある紀伊国屋。
それも、日本でもなじみ深い高島屋に入っているのです。



紀伊国屋の入り口は一つのみ、警備員さんががっちり見守っている。
「店外からなら写真を撮ってOK」ということで、遠巻きに撮影してきました。
(なのでけっこうボケたりしてます、すみません)

» read more

あけましておめでとうございます

 みなさま、あけましておめでとうございます。
2011年も宜しくお願いいたします。

↑年始と何も関係ない画像。

年末は実家に帰省せず、
「千年女優」とか
「東京マグニチュード8.0」とか
「東京ゴッドファーザーズ」とか
アニマックスとか
友達んちでたこ焼きを食べたりとか
猫と戯れたりとか

ぐうたらしておりました。

今年は引っ越したり結婚したりするので忙しくなりそうですヒャッハー!

DVD「四畳半神話大系 第四巻」

 DVD「四畳半神話大系 第四巻」。
いよいよこれでラストですー!

最後のジャケットは目のさめるようなビビッドさ……!
登場人物がこれでもかとばかりに書き込まれ、集大成というかんじ。



中身は最終話で「萌えキャラ」と評された小津。
そして明石さんフィギュアのチラシ……! 
なんじゃこりゃーー! 胸像だ!

そしてかるたの続き。
実際にこのかるたで遊ぶ日はくるのか……!?



全四巻どーーーーーーん。


年末は実家にも帰省せずだらだらをこれらを鑑賞しまくってやるとします。
本編だけで6時間だから、特典映像をあわせたら6時間半から7時間くらい??


ひゃっふぉおおおおぃ!

森見氏、湯浅氏、デザインの芥氏&枡田氏、大勢のスタッフのみなさま、
ありがとうございましたぁーーー!

DVD「四畳半神話大系 第三巻」

第三巻初回限定版にはかるたがついてきました。




第四巻にも初回特典でかるたがついており、両方あわせればワンセット完成。



アニメのワンシーンがかるたとなっております。
……長いよ! 全部読み上げる間もないよ!



ジャケットで羽貫さんが妖艶な微笑みを浮かべているのがせくしー。
DVDには樋口師匠です。

ぽかーーーん顔。


そして!
忘れてはならないのが、
第14回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞の受賞、
おめでとうございます!


去年の受賞はサマーウォーズでしたね、確か。
私はもともとがファンなので、
この作品を語らずして今年のアニメは語れないー! と
思っておりましたが、それが認められたようでうれしか!
シカシカ! うれしかばい!

森見せんせーがんばりっちゃー!

amazon小雪

 
注文がありましたので。



新鮮なままお届けしますから。



ってんなわけあるかい!!!!



JUGEMテーマ:にゃんこ





紙袋小雪

 
猫たるもの、袋があるなら入らねば





こんな目つきだけど安心してます






放心もします


JUGEMテーマ:にゃんこ



コミティア

 去る11月14日、コミティア@東京ビッグサイトにいってきました。
(会場の写真撮るのすっかり忘れてた……写真一枚も撮ってなかったなそういえば)

ツイッターで板倉梓さんがコミティアのことをつぶやいていたのを見て突撃しにいったのです。
ちなみに私と板倉さんはツイッターで少しだけやりとりさせて頂いたことがあったのですが、イラストが可愛いということでたまにブログをチェック。
PC前で勝手にニタニタしておりました。

当日いきなりブースを訪れて驚かせてしまってスミマセン!

ニタァ。




↑かわいいというか、“かわゆい”。

「幕末のネコ ダブへい」が気に入りました(笑)

板倉さんの漫画は秋や冬の夜に読むのが合うかもしれません。
「秋風と君の花飾り」はなんとなく自分に通ずるところもありーのでぐっとくる話でした。
長編も是非! 読んでみたいところ。

ご本人を質問攻めにしてしまいましたが、どういう道をたどって今こうして本を出しているのか、漫画を描いているのか、直接お話を聞けるのがこういうイベントの醍醐味ですな。

板倉梓さん(←かわいい)のブログはこちらから


檻中小雪

 最近の小雪。

閉じ込められる。



叫ぶ。



爪とぎに愛をささやく。



誘惑小雪

JUGEMテーマ:にゃんこ
 

誘惑中


<<back|<12345678910>|next>>
pagetop